アドセンス審査に通らない人必見!2021年審査通過の17のポイントを紹介

アドセンス審査合格の記事数や期間

ブログ収益化の最初のポイントとなるアドセンス審査。

アドセンス審査の通過基準は時期によって少しずつ違ったり、Googleの気まぐれによる部分も多いです。

だからこそ、できるだけ対策をして臨んでもなかなか通らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私はブログの収益化をお教えてしていて、多くの方のアドセンス審査通過をサポートしてきました。

そんな私の経験から、今アドセンス審査に通らなくて困っている方に向けて、2021年現在の審査に通過しやすいブログのポイントや、記事数、かかる期間、必ず準備しておきたいものを紹介していきます!

 

ちなみに最初にお伝えしておくと、審査の通過or不合格がわかるまでにかかる期間は半日〜1週間程度の方が多いです

一番多いのは半日or翌日か、もしくは5日程で結果がくるパターン

翌日中に来なかった場合に「これをすることで審査結果がきた!」という方法も記事内でお伝えしていきますので、最後まで読んでみてくださいね!

アドセンス審査に通らない時の17のチェックポイント!

まずはアドセンス審査通過のポイントとなる項目を1つずつ解説していきます!

「アドセンス審査に通らない」という方はまずこれらのポイントをチェックしてみてください。

①1つのことに特化したブログであること

いろいろな話題の記事が存在する「ごちゃまぜブログ」ではなく、1つのテーマに絞って書かれたブログの方が審査に通過しやすいです。

おすすめは地元の観光情報やお店のレビュー、あなたの仕事の専門知識を伝えるブログなどです。

日記のような記事や、特にテーマが決まっていない備忘録のようなブログは審査に通過しにくいので、まずはテーマを1つに絞って書いていきましょう!

②権威性が示せていること

「あなたがなぜそのテーマに関する記事を書けるのか?」をあらゆるところでアピールしていきましょう。

例えば、

「〇〇に住んで10年」「〇〇の仕事をして5年」「年間100冊以上の本を読む」「過去に30ヶ国以上旅をした」など。

「どうしてあなたがそれに詳しいのか?」「なぜあなたの話を聞くべきなのか?」が相手にわかりやすく伝わるようにしてみてください。

そして、それをブログのタイトル、運営者情報、記事の導入文など、様々なところに入れていきましょう

③YMYLに該当していないこと

YMYLに該当する記事があるとアドセンス審査に通過しにくいです。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の頭文字を取った略称で、お金や健康に関するものが該当します。これらのジャンルに関しては、Googleは専門的な知識のある人物や機関からの情報を評価し、逆に信憑性が低いと考えられる個人の情報は評価しません。

なので、アドセンス審査にも通過しにくいのです。

YMYLに該当するのは例えば以下のような内容です。

資産、保険、投資、健康、栄養、フィットネス、美容、妊娠、就職

女性で自分の経験を活かして妊娠や妊活、化粧品やサプリの紹介記事を書かれる方もいらっしゃいますが、これも審査に通過する可能性を下げてしまいます。

少しでも該当しそうな心配のあるものは避けていきましょう!

④各種ポリシーに違反していないこと

これは当たり前のことですが、アドセンスのコンテンツポリシーに違反することを書くと審査に通過しません。

また、制限コンテンツに該当する内容や画像も載せない方がいいです。

例えば、お酒に関する記事、露出のある女性の画像なども審査に通過しない原因になる可能性が高いので避けましょう。

各種ポリシーはこちら↓

AdSenseプログラムポリシー

Googleサイト運営者向けポリシー

Googleサイト運営者向け制限コンテンツ

⑤文字数は2000文字以上がベスト

1記事の文字数は厳密には決まっていませんが、大前提として「読者に価値提供できるコンテンツ量」は必ず必要です。

それを考えると普通に書いても1500文字程度にはなるのではないでしょうか。

以前は1000文字前後の記事が5記事程度あれば審査に通過していた時期もありました。

ですが、最近はコンテンツ量が少ないと審査すらしてもらえないこともあるので、2000文字は書くことをおすすめしています

 

「書くことがない…!」という方は、「その話題の記事を読む人はどんな情報を求めているか?」を改めて考えてみてください。

わからなければ同じような記事を検索してみて何が書かれているかを見てみるのもおすすめです。(ただしパクるのはダメ!)

どんな情報を求めているかを考えて、それをも基に見出しを作り、内容を書いていきましょう。

そうすると自然と文字数も書けるようになっていきます。

基本は「読者が価値を感じてくれるのに十分なコンテンツ量」にすることを意識してみてください。

⑥記事数は6記事〜

記事数も明確な基準はありませんが、最近は2000文字以上の記事×6記事で通過している方が多いです

なので私は6記事書いた時点で一度審査に出してみることをおすすめしています。

そして、審査に出してからは2.3日に1記事程度更新していきましょう。

ただ、記事数が何十記事とあっても、内容に価値がなかったり他の記事のコピーと判断されるような内容だと審査には通過しません。

記事数や文字数はあくまでも「これくらいあれば通りやすい」という基準だと考えてください。

⑦オリジナルのコンテンツを充実させる(重要!!)

アドセンス審査に通過するために一番重要とも言えるのが、オリジナルコンテンツを増やすことです。

検索したら出てくるような内容や、誰でも書けるようなことではなく、「あなただからこそ書ける内容」を書くことを意識してみてください。

 

例えば、実際に経験してみてわかったこと、感想などは積極的に入れていきましょう。

自分で撮影した写真もオリジナルコンテンツになるので、写真も積極的に使っていくといいです。

なので、こういった感想や写真が入れやすい記事テーマを選んで書いていくのも大事です。

体験した人にしかわからない内容はどんなことか?を考えながら記事を書いていきましょう!

⑧カテゴリーは増やしすぎない

カテゴリーは増やしすぎない方がいいです。

6記事程度で審査に出すならカテゴリーは1つか、多くて2つまでにするのがおすすめです。

また1つのカテゴリーに記事が1つしかない(コンテンツが少ない)といった状態も避けたいので、6記事で2つのカテゴリーなら最低でも1つのカテゴリーに記事が2つはあるように考えていきましょう。

⑨オリジナル画像を使う

オリジナルコンテンツを増やすという観点から画像はオリジナルのもの(自分で撮影したもの)を使うのがおすすめです。

オリジナルを使わない場合はフリー画像サイトからとってきたものを使うようにしましょう。

参考:ブログ用のおしゃれフリー画像・素材サイト5選!登録なしですぐ使える

「画像を使うと審査に通過しない」という情報も見かけますが、私がお教えしている方はフリー画像を使っていても審査に通過しています。

ただ、フリーの画像を使いすぎるとオリジナリティが下がってしまうので、フリー画像を使う場合は貼りすぎはおすすめしません。

どういった画像を使うにしても、そこに写っているものが制限コンテンツに該当しないかも気をつけていきましょう

⑩太字・マーカーなどで読みやすく装飾する

文字の装飾をして読みやすくするのもポイントです。

過去に装飾を全くしていない記事で一度落ちた方が装飾をしてもう一度出したら通過したこともあるので、太字やマーカーは必要な箇所に適度に使うようにしてみてください

特に太字は重要な部分を示すタグでもあるので、記事の中の重要な部分がわかりやすいように適宜使っていきましょう。

⑪引用は使わない

アドセンス審査の際には引用は使わないのがおすすめです。

引用元の信頼性が低いとそれを引用しているこちらのサイトの信頼性も下がってしまいます。

少しでもリスクを減らすために引用は使わずに記事を書いてみてください。

ちなみに、引用タグがついている部分はオリジナルコンテンツと判断されないので、引用することで文字数が増えたとしてもそれはあなたのコンテンツが増えていることにはなりません。

⑫必要な外部リンクはOK(でもむやみに入れない)

以前は外部リンクは入れない方がいいと言われていましたが、必要な場合は外部リンクを入れても審査には通過します

必要な場合というのは、あった方が読者にとって親切な場合やわかりやすい場合です。

例えば、何かの施設やお店の紹介をする記事ならその施設やお店のサイトが貼ってあると親切ですよね。

同じ理由でGoogleマップなどの埋め込みも使っていくといいです。

 

ただし、注意したいのは貼るなら信頼性の高いリンクだけにするということです。

何かの施設やお店を紹介した記事にリンクを貼る場合、公式サイトのリンクは信頼性が高いので貼っても大丈夫と私は考えています。

逆に、個人サイトのリンクやまとめサイトのリンクなどは信頼性が高いとは言い切れないので貼らない方が安全です。

⑬サーチコンソールでサイトマップの送信をしておく

アドセンス審査に出す前にサーチコンソールに登録してサイトマップの送信をしておきましょう!

サイトマップは「Google XML Sitemaps」というプラグインを入れると作成されます。

「Google XML Sitemaps」の設定画面から、「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」という部分に書かれているURLをサーチコンソールで送信しましょう。

 

ちなみに、このプラグインの「基本的な設定」の下から2番目にある「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックは外しておいてくださいね。

ここにチェックが入っていると、後々サーチコンソールでエラーが出てしまいます。

⑭記事がインデックスされているか確認しておく

アドセンス審査に出す前には記事がインデックスされているか(検索結果に登録されているか)も確認しておきましょう

されていなければインデックス登録のリクエストをし、1日2日待ってから審査に出すのがおすすめです。

 

インデックスされているか確認する方法は2種類あります。

まず1つは、サーチコンソールでURLの検査をする方法。これをしてみて「登録されています」という表示が出ればインデックスされているということになります。

もう1つは検索窓に「site:」と入力し、その後ろにトップページのURLをつけて検索する方法です。

これで検索結果に表示されたものがインデックスされているということになります。

この方法で調べると、削除したはずの記事がまだインデックスされているのを見つけることもできます

そういった記事があれば審査に出す前にサーチコンソールで「インデックスの削除依頼」をしておきましょう。

リンクが切れている記事がインデックスされているのはマイナス要因になる可能性があります

記事を書いたらなるべく早くインデックスしてもらえるように、サーチコンソールでインデックス登録のリクエストをしておくのがおすすめです!

⑮できればアクセスを集めておく

これは絶対ではありませんが、アクセスの集まっているサイトの方が審査に通過しやすい傾向があります。

Googleも広告収益の見込めるサイトに広告を出したいはずなので、当然と言えば当然ですね!

ドメインパワーが弱いうちはオーガニック検索からアクセスを集めるのは難しいので、Twitterをうまく活用するなどしてアドセンス審査に出す前からアクセスを集めておきましょう

⑯オリジナルのヘッダー画像を設置する

ヘッダー画像は簡単でいいのでオリジナルのものを作成しましょう。

フリー素材の画像や自分で撮影した写真を編集してタイトルを入れる程度で十分です。

ヘッダー画像はなくても審査には通過しますが、あった方がオリジナリティを出せるので設置することをおすすめします

⑰運営者情報に必要なことを書く

運営者情報のページには単純にプロフィールを書けばいいというわけではありません。

「あなたがこの話題について語れる理由」「このブログを読んだ方がいい理由」が伝わるようなことを書いていきましょう。

例えば、「〇〇に10年住んでいて〜」ということや「何年前から〇〇の仕事をしていて〜」といったことを書いておくことで、「あなたがその話題について語れる理由」をアピールすることができますね。

また、それ以外に「このブログではどんな情報を届けていくのか」も合わせて書いておきましょう!

アドセンス審査通過のためにサイトに揃えておくもの

アドセンス審査に通過するために、審査に出す前に以下のものをサイトに揃えておきましょう!

固定ページで作成しておくもの

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 運営者情報
  • お問い合わせフォーム

グローバルメニューに表示しておくもの

  • 各カテゴリー
  • 運営者情報
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • お問い合わせフォーム

サイドバーに表示しておくもの

  • 運営者のプロフィール(画像と簡単に2〜3文程度)
  • 検索ボックス
  • 最新記事
  • カテゴリー

アドセンス審査通過までにかかる期間は?

アドセンス審査の通過or不合格の結果がくるまでの期間は早くて半日程、遅いと2週間程度かかります。

私の周りの方やお教えしている方を見ていると、半日or翌日中か、もしくは5日前後の期間で結果が来ている方が多いです。

そして、アドセンス審査期間中に大事なのが「記事を更新し続ける」ということ。

4日経っても通過or不合格の連絡が来なかったり、1週間経っても何も音沙汰がない時は、記事を更新してみると結果が来る場合も多いです。

 

なので、アドセンス審査に出したあとも審査期間中は2.3日に1記事は更新することをおすすめします

もちろんその時にクオリティの低い記事やそれまで特化していたテーマと別の内容の記事を更新するのはマイナスになる可能性もあります。

記事の内容には注意しながら「読者に読む価値を感じてもらえる記事」を更新していきましょう!

まとめ

アドセンス審査の通過基準はブラックボックスですが、プライバシーポリシーのように必ず必要なものや「こうしたら通過しやすい」という条件は色々とあります。

少しでも通過する可能性を上げるため、そして通らない可能性を下げるために、今回紹介した17のポイントを押さえたブログ作りをしてみてください。

そして必要なものを揃えてアドセンス審査に出してみましょう!

審査は1度通らなくてもまたブログを改善して出すことができるので、一度不合格になっても諦めずに再チャレンジすることも大切です!

審査通過後のアドセンス広告の設置についてはこちらの記事も参考にしてみてください。↓

参考:1クリックでアドセンスを設置するプラグイン「WP QUADS」の使い方