サーバーとドメインを紐付けする設定|エックスサーバーの場合

ブログ開設に向けてレンタルサーバー契約と独自ドメイン取得ができたら、次はその2つを紐付けする設定をしていきましょう。

紐付けをしないとそれぞれがバラバラの状態で、まだネット上にブログ用の場所ができていないことになります。

ここまで来ればブログ完成までもう少しなので、頑張りましょう!

>>ブログの作り方の流れを確認したい方はこちら

サーバーとドメインの関係

サーバー,ドメイン,設定

サーバーとは、Webページを表示するために必要な情報を格納しておく場所。ブログを作る上では基礎となる部分です。

ドメインとは、そのページの住所のようなもの。https://update-days.com/ この赤字の部分がドメインです。

ブログがあなたの家だとしたら、サーバーは家が建っている土地、ドメインは家の住所、と考えるとわかりやすいかと思います。

 

サーバーとドメインは最初はバラバラに存在しています。

その2つを紐づけることで、家の土地に住所が割り当てられ、訪問者(読者)が訪れることができるようになります。

今回はその紐付けの設定をしていくというわけです。

ドメイン側の設定

最初に独自ドメイン側の設定から解説していきます。

注目

独自ドメインを取得したときにネームサーバーの設定を済ませた方はここは飛ばして大丈夫です。サーバー側の設定に進んでください。

 

まず、ムームードメインにログインしてください。

ログインIDは登録したメールアドレスで、契約完了した際に届いたメールにも記載してあります。

コントロールパネルが開くので「ドメイン操作」→「ネームサーバ設定変更」をクリック。

独自ドメイン,取得

該当するドメインの「ネームサーバ設定変更」をクリックします。(※初めてムームードメインでドメインを取得した人はここに1つしか表示されていません。)

独自ドメイン,取得

 

次のページでは使用するネームサーバを「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」に変更してください。下の方に行くとあります。

独自ドメイン,取得

そして、その下に出てきた「ネームサーバ1」から「ネームサーバ6」に契約したレンタルサーバーのネームサーバを入れていきます。この作業をすることで、独自ドメインとレンタルサーバーの紐付けが半分完了します。

 

私はエックスサーバーを利用しているので、上の画像のものはエックスサーバーのネームサーバです。

エックスサーバーの人は全員共通なので下の表をコピペしていただいて大丈夫です。

ネームサーバ1 ns1.xserver.jp
ネームサーバ2 ns2.xserver.jp
ネームサーバ3 ns3.xserver.jp
ネームサーバ4 ns4.xserver.jp
ネームサーバ5 ns5.xserver.jp

その他のレンタルサーバーのネームサーバ情報は、契約時に届いたメールなどに記載されていますので確認してみてください。

最後に一番下の「ネームサーバ設定変更」をクリックしてドメイン側の設定は完了です!

独自ドメイン,取得

これでドメイン側の設定は完了です!

サーバー側の設定

続いてサーバー側の設定を解説していきます。

サーバー側では2つの設定をします。

  1. ドメイン追加設定
  2. リダイレクト設定

ドメイン追加設定

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインしてください。

サーバーIDとサーバーパスワードは、エックスサーバーを契約した時に届いた「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールに記載されています。

サーバー,ドメイン,設定

ログインしたら、右上にある「ドメイン設定」をクリック。

次の画面で「ドメイン設定追加」のタブを開いてください。

サーバー,ドメイン,設定

そして、例を見ながら「ドメイン名」を入力します。

その下の「無料独自SSLを利用する」と「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする」はどちらもチェックが入った状態にしておいてください。

無料独自SSLとは

これを利用するとサイトを無料でSSL化することができます。

SSL化とは通信を暗号化することで、それによってユーザーが安心して使えるサイトであることを証明することができます。ユーザーからもグーグルからも評価が高くなるので、ブログで収入を得たいなら必須の設定です。

SSL化するとサイトのURLの始まりが「http」から「https」になります

 

ドメイン名を入力し、チェックを確認したら「確認画面へ進む」をクリックします。

すると確認画面が表示されますので、以下の3つを確認してください。

  • ドメイン名が正しいか
  • URLが「https://」で始まっているか(httpの後に「s」が入っているか)
  • 無料独自SSL設定が「設定済み」になっているか
確認できたら、ドメイン追加設定は完了です。

リダイレクト設定

無料独自SSLを利用するにチェックしただけでは、サイトのSSL化は完了していません。今のままだとドメインにアクセスすると「http」から始まるサイトが表示されてしまうのです。

なので、「http」のURLにアクセスがあったら「https」に転送してね、という設定をしていきます。

仕組みはややこしいですが、手順どおりにやれば大丈夫です!

 

まず、エックスサーバーのサーバーパネルで「.htaccess編集」をクリック。

サーバー,ドメイン,設定

該当するドメイン名を選択して、「.htaccess編集」のタブを開きます。

すると注意書きが出てきますが、先に進んで大丈夫です。

サーバー,ドメイン,設定

編集画面を開くと、最初はこのようになっているはずです↓

サーバー,ドメイン,設定

この一番上の矢印のところに下のコードをコピペしてください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

このようになったらOKです↓

サーバー,ドメイン,設定

最後に「確認画面へ進む」をクリック→内容を確認して「実行」をクリックして完了です。

これでサーバー側の設定は終わりになります。

お疲れさまでした!

次はWordPressをインストールする手順に移ります。あと少しなので、一緒に頑張りましょう!

>>WordPressをインストールする

>>ブログの作り方の流れを確認したい方はこちら